高知大学サッカー部 部員ブログ

高知大学体育会サッカー部の部員ブログです。部員が日々の活動について綴ってまいります。

高知大学サッカー部 部員ブログ イメージ画像

更新情報

「逃げることは簡単。自分で変化を起こせ」「謙虚さを失った時、成長は止まる」「お菓子はゴミ箱の上で食え」「わさび醤油の黄金比率は5:5」「病は葛根湯で」一見、瀬戸内寂聴さんを彷彿させる語録集ではあるが、あっちゃんこと、私の母、山根厚代によるものである。著書「日
『言葉のお歳暮(山根慎平)』の画像

先日22歳になりました。高原です。リーグ戦に負け、Iリーグを戦う4回生以外は県リーグをモチベーションに日々を過ごしています。小学2年生から始めたサッカーも終わりがはっきりと見えてきました。なぜ始めたかも覚えてないくらいなんとなく始めたサッカーも、趣味の域を超え
『サッカーを終えて(高原卓泰)』の画像

最近、居酒屋でアルバイトを始めた播磨です。これまで接客をしたことがなく、何もかもが新鮮で、社会人となる自分にとってプラスになることが多いと感じています。小1から16年間続けてきたサッカー生活が残り1ヶ月で終わろうとしていますが、この4年間を振り返ってみて、とて
『4年間を振り返って(播磨栄治)』の画像

中野颯士です。早いもので、引退まで一ヶ月を切りました。振り返ってみると、大学生活は早く過ぎ去ったように感じます。地元を離れ、知ってる人がほとんどいない中での生活は、とても沢山の経験ができたと思います。卒業後は高知に残りませんが、高知での4年間は、ずっと忘れ
『さよなら高知(中野颯士)』の画像

4回生の木全です。最後のブログということで、真剣に真面目に書きたいと思います。自分はよく「しぶい」という言葉を使います。肯定の意味、否定の意味、様々な感情などを「しぶい」という言葉1つで表します。「しぶい」の言い方や、イントネーション、抑揚をうまくつけて、
『魔法の言葉(木全充)』の画像

大学サッカー引退まであと一歩となりました。楽しかったフィジカルともお別れです。大学サッカーで一番思い出に残るであろうことは、今のIAの皆んなとのサッカーだと思います。朝練人数は9人。試合当日にトップチームの流浪人と初めて合わせるという日もありました。監督は「
『サッカーしてて良かった!(木村真也)』の画像

最近、僕は卒業論文の完成に向けて奮闘中です。さて、今回は最後のブログということもあり、最近一番気になっていることについて書きたいと思います。それは「無駄とは何か?」ということです。皆さんもお気づきのように、社会ではこれまでのやり方では上手くいかないことが
『無駄とは(兼子真太)』の画像

徳丸です。引退が目の前になり、4回生になった実感を再び感じています。今月からの4回生チームでの練習や試合、それに伴う片付けやビブスの洗濯などで1回生の時の楽しかったけれど、きつかった頃を思い出して、新鮮な気持ちでサッカーをしています。入部して何回目かの練習の
『新鮮(徳丸雄太)』の画像

4回生の西森公俊です。最近は慣れない研究に振り回される毎日を送っています。私は部活や実習、就活と一時期ほとんど研究室にいなかったので、久しぶりに研究室に行った時は幽霊部員のような扱いを受けてしまいました。そんな慣れない研究をしていると「人って追い込まれたら
『研究もサッカーも楽しんで(西森公俊)』の画像

小学生時代、全く勝てる気がしなかったあの人は中学でグレてサッカーをやめ、中学校卒業時、同じ大学でサッカーをしようと誓い合った友人も途中でサッカーをやめ、高校時代、大学では全国の舞台で戦おうと誓い合った仲間達も戦うことなく引退した。今シーズン総理大臣杯、イ
『残ったのは私たちだけ(藤原寛仁)』の画像

兼ねないほうの金子です。ブログを書くのも最後になりました。まずはじめになりますが、10月に出場した四国Iリーグで敗戦し、全国大会には進めませんでした。残念な結果に終わりましたが、今後のことにつなげていきます。応援してくださった方々、ありがとうございました。話
『「グレイテスト・ショーマン」(金子優)』の画像

酔うと財布の紐がゆるゆるになってしまう平本です。つい最近も飲み会の後に、気付くと財布の中身がなくなっていました。時が経つのは早いもので、残り1ヶ月で大学4年間のサッカー生活にピリオドを打つことになりました。今は12月1日〜5日に開催されるアットホームカップとい
『大学生活も財布もしめてかないとね!(平本侑馬)』の画像

時の流れは早いもので、小学校1年生の頃から始まった僕のサッカー人生ももうすぐ終わりを迎えようとしています。僕の人生において大切なことのほとんどはサッカーから学びました。数あるスポーツの中でこの競技を選んで本当に良かった。サッカーありがとう。これまで共に闘っ
『ありがとう(吉永有佑)』の画像

最上級生になった今年、天皇杯、総理大臣杯、インカレの出場権を逃し、新チームで掲げた目標を成し遂げられなかった。今までの先輩方が築き上げてきた歴史を途絶えさせてしまったこと、そしてなによりそのフィールドに立てないは自分がとても悔しかった。そんな中行われた先
『サッカー人生引退を前に思うこと。(柏木悠弥)』の画像

最近、卒論研究として「Pr0.5Ca0.5CoO3」と「Pr0.5Sr0.5CoO3」という物質を合成している新居翔馬です。先日、インディペンデンスリーグ(Iリーグ)四国の決勝トーナメントが終わりました。結果、高知大学Aチームに負けてしまいましたが、Bチームのみんなとサッカーをできてとても楽
『やりきる(新居翔馬)』の画像

フランスの神童キリアン·エムパペ選手と同じ98年生まれの青木智仁です。最近のマイブームは緑茶を飲むことです。さて、年明けに成人になります。この場をお借りし、少し昔から振り返ってみようと思います。幼稚園の時は、超インドアで部屋で切り紙ばかりしており、仲の良か
『泣き虫(青木智仁)』の画像

将来のお嫁さんは大原櫻子であって欲しい秋山大輔です。高知大学に入学して半年がたち、高知も徐々に寒くなってきました。北海道民は寒さに強いと思われがちですが、正直寒いです。寒さの感度は皆と同じです。この部分は理解してほしいです。さて、そんなことはおいといて僕
『僕の指導日記(秋山大輔)』の画像

1回生の荻原です。最近は悔しいことばかりです。例えば車校の仮免落ち、iリーグのメンバー落ち、バイト落ちなどです。しかし、こんな時こそ自分を見つめ直す時だと思います。最近、友人が「それ自体に意味があるかではなくそれに意味を持たせるか、活用するかが大事なことな
『ピンチはチャンス(荻原浩太)』の画像

1回生の柏木俊介です。私はダービーについて書きたいと思います。Iリーグ第8節では、Bチーム vs Dチームの高知大ダービーが行われ、1ー1の引き分けに終わりました。お互い一歩も引かない素晴らしいゲームだったと思います。また、個人としても多くの課題をみつけることができ
『ガイナーレダービー(柏木俊介)』の画像

バイト先で社畜から雑用に昇格しました1回生の大島蓮です。大学生になって、もう半年が過ぎました。時間の流れがとても早く感じます。最近、ライバル視されることが多いと感じます。それは私が多才であるからでしょうか。勉強、スポーツ、料理など何をやらせてもそこそこでき
『多才(大島蓮)』の画像

時々、家が溜まり場になる1回生の大坪旦です。私の家は学校から近いわけでもなく、みんながやりたいゲームがあるわけでもありません。なのに、溜まり場になってしまいます。その原因はテレビにありました。まず、高知ではテレビ朝日系列の放送がありません。しかし、どーいう
『5チャンネル(大坪旦)』の画像

大学生になり半年が経ち、大学生活に少しずつ慣れてきました。いや、慣れすぎました。慣れすぎて週7で同じ人の家に通っていた池田修一朗です。大丈夫です。できてないです。週7で、時には一日の半分以上も同じ人の家にいて一体何をしているのかというと、主にバチェラーを見
『日常(池田修一朗)』の画像

最近、犯罪に「手を染めた」犯人が、更生して悪い世界から「足を洗う」という矛盾が気になってしょうがない裏崎宏河です。Iリーグも後期戦が終了し、トーナメントが始まりました。後期の試合では、スタメンとして挑んだ4試合でしたが、3試合が引き分けという結果にFWとして情
『Iリーグ決勝(裏崎宏河)』の画像

練習中も日常でも先輩からはアホと言われ、同回生からは蝉より煩いと言われている片山です。 夏休みが終わりました。夏休みの思い出は?と聞かれると正直あまりありません。彼女がいるわけでもなく、旅行に行くわけでもなく、僕の家にほぼ毎日同じ人たちが来ては映画を見て
『LINEスタンプ発売中(片山朝陽)』の画像

言葉のイントネーションがおかしい東風平朝志です。苗字も特殊で先輩方から下ネタといじられ、自虐ネタに走ろうかなと考えています。冗談はさておき、僕が好きな一人の時間について書きたいと思います。一人が大好きな僕は、一人暮らしが好きで、食事も一人が好きな時があり
『人は皆一人なんだよね(東風平朝志)』の画像

1回生の木下紘希です。僕には自慢できる二人の弟がいます。一人は高校1年生で僕の卒業した岡山学芸館高校に通っています。もう一人は中学1年生で地元の岡山から離れて鹿児島県の中学校に通っています。二人ともサッカーをしていて、岡山にいた頃は近くのグランドに三人でよく
『弟の存在(木下紘希)』の画像

8月末の遠征でリフティングが3回できるようになりました、1回生の後藤です。この夏に飲食店でアルバイトを始めました。更衣室にはこのような言葉があります。「外食産業はヒューマンインダストリー」直訳すると、人間産業ですが、人が人に対してもてなしの心(ホスピタリティ)
『終わらざる夏(後藤美和)』の画像

1回生の小山です。先日、バリガくん、荻原くん、松崎くんとレンタカーで龍河洞という高知の観光名所に行きました。自分は高知県に来ることがこれまでなく、観光名所等は知らないので学部やサッカー部の高知県出身者に「高知で遊ぶとしたらどこにいったらいいか?」を聞いてい
『何もない(小山高輝)』の画像

1回生の佐々木優人です。コンビニでバイトを始めて2日が経ちました。部員も多く来るので、その際はとびきりの笑顔で対応させて頂きます。真面目な話になりますが、ここ最近で一番大きく変わったことは、選手を辞めることになったことです。高校サッカーの指導をしたいという
『再スタート(佐々木優人)』の画像

兵庫県出身の瀨尾彩萌です。兵庫というと、みんな神戸?と返してきますが、私の出身は赤穂市で岡山県に近いところです。神戸に行くには、同じ兵庫県でも電車で1時間半ほどかかりますね。今回はそんな赤穂市の有名なものを厳選して4つ紹介したいと思います。まず1つ目は赤穂浪
『兵庫と言えば(瀬尾彩萌)』の画像

最近やっと大学の生活にも慣れ、バイトを始めた菅原です。私は今、IAというカテゴリーに所属しています。IAには私を含めて4人の1回生がいます。今回はその3人がどんな人なのかをお伝えします。1.ブスケツ彼は私と同じ保健体育コースです。顔はスペインにいるブスケツを想像し
『1回生(菅原陸)』の画像

先日、食堂で「デブ!!」と呼ばれたので誰よりも速く振り返ったら、違う人のことでした。お疲れ様です、辻本将之です。夏に入った頃から、「痩せた?」と聞かれることが多かったので、この場を借りてきっちり答えたいと思います。身体測定時の体重は、80kg(!)でした。それ
『体重と悩みと過去と(辻本将之)』の画像

高知大に入って早くも半年が過ぎたにもかかわらず、自分の持ち味がうまく発揮できていない槻木(つきのき)です。そんな僕に好きなひとができました。その人は、とても純粋無垢で魅力的です。お調子者でたまにやかましい時がありますが、口が達者でユーモアがあり、おもしろさ
『僕の好きなひと(槻木将平)』の画像

入部当初からある先輩に似ているとイジられ続ける土釜走太です。それがきっかけで兄貴と親分が出来たので紹介します。兄貴はフィジカルモンスター瀧晃太郎さんで、親分はヘディングモンスター浜田鷹人さんです。さて、今シーズンも終盤を迎え、どのカテゴリーの選手も常に週
『苦は楽の種(土釜走太)』の画像

大学生になって約半年が過ぎたにもかかわらず、サッカー部以外の友達がほとんどできていない1回生の直江陸です。いきなりですが、私の誕生日は、誰よりも覚えやすい自信があります。なぜなら11月11日だからです。世間では「ポッキーの日」と言われている日です。その11月11日
『サッカーの日(直江陸)』の画像

1回マネージャーの二宮瑞穂です。最近、世界バレーが始まり、バレーを小学校から高校までしていた私にとっては目が離せません。バレーに熱中していた時期を懐かしく感じながら、とてもバレーをしたくなります。普段、選手たちを見ていると今、これだけ熱中できるものがあり、
『充実した毎日(二宮瑞穂)』の画像

1回生の濃野(のうの)です。最近、ノーニーと呼ぶサッカー部の人が多いのですが、名付け親の先輩曰く、本当はヌーニーらしいです。先日、日本テレビの「世界一受けたい授業」で、母校サッカー部の監督である平岡先生が講師として出演していました。サッカー部の練習風景や校内の
『24時間をデザインする(濃野文人)』の画像

1回生のバリガです。サッカー部に入って半年、思った事はたくさんありますが、一言で表すなら「悔しい」という言葉に尽きます。アンビションズカップでもこの前のIリーグでも大事なところでシュートを外しました。それは自分の技術が足りないだけではなく、メンタルも弱いから
『サッカー部に入って半年(バリガナオト)』の画像

お久しぶりです、現在3回生の竹本です。10月から再び高知大学サッカー部の一員となりました。まず、一度出たサッカー部に戻りサッカーをしようと思えたのも、優柔不断な僕に、「いつでも戻ってこいよ」と声をかけてくれる同期と先輩がいてくれたからです。本当にありがとうござ
『社会人リーグ(KUFC南国)を経て(竹本純太)』の画像

夏休みまでに取るはずだった免許は、あろうことか仮免止まりの現状です。しかも、仮免試験に一度落ちました。そのせいで追加料金が発生する始末です。車校に通う前は、こんなことになるなんて予想もしていませんでした。仮免に落ちた原因は、自分のミッション車の運転技術が
『車校(福島幸輔)』の画像

1回生の松崎佑哉です。夏休みにサッカー部の友人と登山に行って来ました。午前中の練習が終わった後、その時の気分と勢いで山に行こう!という話になったからです。登る山を決めて自転車で出発しました。携帯のマップだけを頼りに登山口を目指していたところ、途中で自転車で
『良い関係(松崎佑哉)』の画像

半年の車校を経て、やっと仮免に辿り着いた本山です。大学生になって初めての夏休みは、とても充実したものになりました。よさこいバイト、高知大フェス、静岡遠征など盛りだくさんでした。特に、一年浪人していた僕にとっては毎日が幸せの連続でした。サッカー漬けの生活を
『あたりまえの日々(本山恭佑)』の画像

私は、この夏よさこい祭りに参加しました。追手筋本部競演場では、部員のみなさんが声をかけてくれたり、うちわで応援してくれたりしました。その時、中学、高校と文化部だった私は、誰かから応援されることがこんなにもパワーになり、嬉しいことだと初めて身をもって体験し
『自分にできること(森裕依子)』の画像

1回生の渡邉です。私は再開したiリーグについて書きます。iリーグの後期1試合目は高知大ダービーでした。公式戦でチームメイトと対戦する経験はしたことがなかったので普段の試合とは違う緊張感がありました。お互いが最後まで熱く結果にこだわったいい試合だとやっていて思
『リーグ戦再開(渡邉大生)』の画像

大学生になって半年が経ちました。高知県で遊ぶと行ったら川です。自分は今年2回行きました。仁淀川の水は、とても透き通り綺麗で少し感動しました。川はサッカーの練習の後、アイシングがてら行くのがちょうど良いのですがとても危険でもあります。突然深くなったり、流れが
『川遊び(吉澤和寿保)』の画像

山本航大です。  一部の人からはゴディン選手と呼ばれています。同じCBでプレースタイルが似ているからという理由です。たまに顔も似ていると言われますが、それは冗談だと思いたいです。さて、高知大学に来て半年が過ぎました。サッカー部には今まで出会ったことのないプレ
『新しい環境で感じること(山本航大)』の画像

僕が三年間で一番笑った話をします。それは一年生の夏、練習終わりのグラウンド整備中でした。当時、丸坊主で気合の入っていた松下陽道は、何を思ったのか、急にゆずの夏色を大声で歌い出したのです。静かなグランドに響き渡る彼の歌声。お世話になったペペコーチが大爆笑し
『三年間の思い出(三浦拓真)』の画像

僕の「平成最後の夏」は儚く終わろうとしています。3回生の山口凌慈です。この3月まで同姓がチーム内に複数いましたが、4月以降は僕ひとりになりました。が、未だに「山口(凌)」と書かれる場面ことがあります。そんなことはどうでもいいのです。先日、一学期の成績発表がありまし
『国語って難しい(山口凌慈)』の画像

最近、バイト先でMVPスタッフ賞を受賞しました和久利です。(わからない方は9月7日のブログを見てください)こうして普段の頑張りが目に見える形で評価されると嬉しいものです。しかし、実際にはなかなか自分のことを評価してもらえなかったり、納得のいくような結果にならなか
『やっぱ楽しまんとね!(和久利風太)』の画像

僕は中学生の頃に憧れていた選手がいます。それはブラジルのサントスで活躍していたネイマール選手です。ネイマール選手は足下の技術が高く、とても楽しそうにサッカーをするため、自分もこういう選手になりたい、将来はドリブルで魅せる選手になるんだと思っていました。し
『ネイマールになりたかった(宮川広大)』の画像

↑このページのトップヘ